とにかく本がないとすることがなくて困っちゃう生活を送っています。昔は本当に本なんて読まないひとで、夏休みの読書感想文なんて5歳上のおねえちゃんの書いたのをそのまま写して提出したりしてたくらいだったし。
こんな活字嫌いのあたしをトリコにして読書の世界に引きずり込んだ福井晴敏さんと宮部みゆきさんは天才かもしんない。(後者は最近ゲームしかやってないみたいだけど。)


そんなあたしがよく訊かれるのが「ホントに読んでるの?」というのと「読むの速いよね」です。
このふたつの質問を同時に答えるとすると、読んでないといえば読んでないのかもしれませんね。
多分、一文字一文字追っては読んでません。眺めてるというほうが近いのかもしれません。だから速いんでしょうね、読むのが。


こんなあたしですが、小説を読むペースがガクンと落ちるときがあります。
それは毎週火曜日と、毎月29日から3日程度の間です。
毎週火曜日は週刊アスキーの、毎月29日はパソコン月刊誌の発売なので、それを読むのにかかりっきりだからなのです。

今もあたしの隣には週刊アスキーが・・・。



ちなみに、今読んでる小説はこれです。

死亡推定時刻
死亡推定時刻
posted with amazlet on 06.07.18
朔立木
光文社 (2006/07/12)