2年目

2018/07/06

海外文通を始めて気づくと2年経過していた。

仲良しのサウスカロライナのパルには3度目のバースデーカードを送ったところ。

彼女からきた手紙に今年の夏の家族写真が同封されていた。

「新しいファミリーが生まれました!」という

彼の誕生カードをもらったこともある、その彼がもう1歳半…。

いやぁ~、大きくなって。。。と、

親戚のおばちゃん状態の私は感慨深い。

この頃、急に私のパルたちがしみじみと、

「私たちも長い付き合いになってきたわね~。」とメッセージを送ってくる。

カナダのパルが「もうすぐ2年目ね!」とラブラブカップルみたいに

「出会った日を覚えている?」と聞いてきた。

えぇっと…全く覚えてません、と正直に告白したら、

「今度の2月7日だから!覚えておいて!」と言われた。

手帳にメモするべきかしら。

コロラドのパルも「これからも連絡を取り合おう!」と。

秋だから人恋しい季節なの?それとも友情を確認する季節?と

聞いてみると、

彼女は仲良しの友人と最近、音信不通になったらしい。

あんなに仲良しのプリクラをもらったあのこと?!とびっくりしたほど。

何があったのかと聞くと、付き合っている男性がよくない、と

警告したところ、「電話しないで!」と言われ、それっきりらしい…。

話を聞けば、確かに「ちょっとやめとき…」と言いたくなる彼ではあるけれど、

恋は盲目ですから。

そのうち、彼女もわかるんじゃないの~と話しつつ、

「割れ鍋に綴じ蓋」って、日本では言うのよ~と言おうとして、

ふと気づく。

ん?英語ではなんて言うの?

"Every Jack has his Jill." (どんなジャックにも彼のジルがいる)、

これが英語の割れ鍋に綴じ蓋のもよう。

先日、コロラドに送ったEMSがコロラドに着いた。

お届け日数2日、となってましたが、6日かかりました。。。

お届け日数4日のカナダ宛てEMSは7日かかって、まだ到着していない。

EMS,意外に遅いのね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村